エコ家電と言われる冷蔵庫では、使用頻度によって部屋ごとに節電をします。冬は氷の部屋などはあまり使いません。

環境問題と費用 エコ家電のメリットを考える
環境問題と費用 エコ家電のメリットを考える
環境問題と費用 エコ家電のメリットを考える

エコ家電の冷蔵庫は使わない部屋の電力セーブ

最もポピュラーな冷蔵庫はどのようなものでしょうか。恐らく2ドアタイプだと思います。上部に少し小さめのドアが付いています。そして下部にはその倍以上のドアが付いています。上部は冷凍することが出来るスペースで、冷凍食品であったり、氷などを作るところがあります。下部は冷蔵するスペースになります。冷蔵するための飲料であったり卵、肉類などいろいろなものを入れることが出来ます。昔は大きいものも小さいものもこの形でした。

時代の変化に従って、部屋が増えてきます。冷凍、冷蔵に続いて登場したのが野菜室です。冷蔵との違いがわかりにくいですが、冷蔵よりやや温度が高めになります。野菜によっては、あまり冷やしすぎるとよくないことがあります。乾燥しすぎるためです。温度を高めにすることで乾燥を防ぐことが出来ます。野菜以外にも、相違多目的のものを保存することが出来ます。場所としては、一番下部につけられることが多いです。冷気の利用も少ないのでしょう。

さらに多くの部屋が出来ています。チルド室であったり、勝手に氷を作って氷のみが保存されている部屋です。これだけたくさん部屋があると、利用する頻度も変わってきます。エコ家電と言われるものでは、どの部屋が良く使われるか、あまり使われないかを判断します。氷室などは冬はあまり利用しないでしょう。そのときは節電モードになります。冷凍室も朝などはあまり利用されないかもしれません。冷蔵は良く使われることになります。

Copyright (C)2017環境問題と費用 エコ家電のメリットを考える.All rights reserved.