エコ家電の冷蔵庫においては、生活パターンを学習します。開閉時間の多さで、運転の仕方が変わります。

環境問題と費用 エコ家電のメリットを考える
環境問題と費用 エコ家電のメリットを考える
環境問題と費用 エコ家電のメリットを考える

エコ家電の冷蔵庫は生活パターンを学習して運転

芸能人などは生活リズムが不規則と言われています。朝起きる時間、帰宅をする時間、仕事をする時間などがばらばらです。忙しい人は休みがないそうです。その反面、毎日休みで1箇月に少しだけ仕事がある人もいます。一般的な会社勤めをしている場合はどうでしょうか。朝に起きる時間や帰宅する時間は大体同じです。週休2日制ですから、平日と土日とで生活リズムが変わります。ある程度リズムに従って生活をしていることになります。

生活リズムと冷蔵庫とのかかわりを考えてみます。朝などは朝食を食べたりしますから比較的開閉が多くなります。平日の日中は外出していますからほとんど開けません。その後夕方ごろから夕食の支度で開閉が多くなります。そして睡眠時間になるとまた開閉がなくなります。土日の日中は開閉することになりますが、朝と夕方はほぼ同じようなリズムです。そのことを機械が覚えたとしたらそれに応じて運転することで変化をもたらしてくれそうです。

エコ家電と呼ばれるものにおいては、生活パターンを覚えて、それに応じて動作するようになっています。開閉回数が多いときは庫内の温度も変わりやすいです。フル運転をする準備をしています。逆にあまり開閉が行われないのであれば、庫内の温度も変動しにくいです。そのときは、温度が一定になるような安定運行が心がけられます。フル運転とまではいかず、ある程度電気の使用を抑えて運転することができます。賢い機械になるのです。、

Copyright (C)2017環境問題と費用 エコ家電のメリットを考える.All rights reserved.