冷蔵庫の中でエコ家電と言われるものでは、霜の力を活用するものがあります。霜で庫内を冷やします。

環境問題と費用 エコ家電のメリットを考える
環境問題と費用 エコ家電のメリットを考える
環境問題と費用 エコ家電のメリットを考える

エコ家電における冷蔵庫では霜を利用して冷やす

秋口になってくると霜が降りることがあります。野菜などの農作物などにはあまりよい影響を与えないことから、天気予報に注意している人もいると思います。霜は急に寒くなったときなどに付くものです。自然界において発生することもありますが、ある家電製品においても発生することがあります。それは冷蔵庫です。冷やす家庭において、冷却機の部分につきます。この霜がつくようになると何か問題があるのでしょうか。それを知っておきます。

冷却装置においては、冷たい空気を発生させて、それを庫内に循環させるようにします。しかし冷却装置に霜が付いてしまうと効率的に出来なくなってしまいます。ですから、霜が発生したときは、その霜を溶かす必要が出てきます。そこでヒーターを利用して霜を溶かす仕組みがあります。冷やすだけでなく、無駄なものに関しては温めて溶かしているのです。この動作は無駄に見えますが、トータルの効率を考えると必要な作業になってきます。

エコ家電として知られる機種においては、この霜を上手く利用とする機能が組み込まれています。霜と言いますと氷ですですから、冷たいものです。霜が付いたときは、コンプレッサーを止めて冷却を一時的に止めます。それ以降は霜の力で冷やすことになります。そして霜が自然に解けますから、ヒーターを付ける必要はありません。コンプレッサーが停止することと、ヒーターを使わないことで、利用する電気の量を抑える仕組みになっています。

Copyright (C)2017環境問題と費用 エコ家電のメリットを考える.All rights reserved.